BLOG スタッフブログ

認知症予防にインプラント治療 2021.01.14

みなさん、こんにちは!インプラントの窓口スタッフです。

認知症の予防と治療は、脳に刺激を与え続ける事が大事です。
例えば、楽器の演奏やパソコン等、細かな作業をすることによって、脳を刺激する事は良く聞くと思います。しかし意外と知られていないのが、脳に一番刺激を与えているのは指よりも脳に近い「歯」である、という事です。

歯を抜いた(抜歯)状態では、その抜いた本数だけ、歯から脳への刺激が減ってしまいます。歯を一本無くすごとに認知症になる確率が増えていき、最終的に自分の歯がゼロになると、その確率は約2倍になります。
しかし歯を抜いて、そのまま放置しておくのではなく、インプラント治療や入れ歯をすることによって、脳に刺激が伝わる状態になれます。

よく噛めるという事。

これが認知症の予防や若さを保つ秘訣ですね!

電話でのお問い合わせ 無料初診相談