BLOG スタッフブログ

抜歯とインプラント 2021.01.20

みなさん、こんにちは!インプラントの窓口スタッフです。

今回は抜歯した後のインプラントについてです。

交通事故などで歯を失ったり、歯周病などで歯を失った場合、当然元の歯の根元があった部分には大きな隙間ができます。

インプラントはその隙間に入れたいのですが、骨がないので、インプラントの固定を取るのがとても難しいんです。

ですので最近はこういった先の細いインプラントを多く使われてます。

一般的に、ある程度抜歯したあと歯茎の炎症や、傷口が治ってからオペをする事が多いのですが

抜歯と同時に行う抜歯即時埋入という治療法もございます。

この歯を抜くと同時にインプラントを入れる手術はインプラントの固定が取れない分かなりスキルがいる治療ですが治療期間を大幅に短縮することができるのがメリットです。

もし、抜歯を伴うインプラント治療をオススメされた場合、このあたりのリスク説明をしっかりと受ける事をおすすめします!

電話でのお問い合わせ 無料初診相談